海外進出に必要な外国人雇用のための就労ビザ取得

海外に打って出る、これはその願いがあっても実現するにはハードルが高いと感じてしまうことでしょう。まずは人材の確保が必要であり、どこ国にビジネスの拠点を構えるのか、例えばインドネシアに拠点を作りたいと思っているのであれば、優秀なインドネシア人を探す必要が生じてきます。

もちろんインドネシアにいけば、人材そのものは集まるかもしれませんが、ビジネスをするとなると、自社での勤務経験があり、しかも日本人とのコミュニケーションができる人材が欲しいのではないでしょうか。それで海外戦略のためには、まずは日本でその進出したい国の人たちを雇用して、仕事を覚えさせることが必要になるものです。

それで日本に留学している大学生の外国人を雇用するために、労働ビザ取得してあげたいと思うことでしょう。その就労ビザですが、素人が簡単に申請書を提出できるほど甘いものではありません。それで普通は代行業者、特に行政書士に依頼するのが自然な流れとなっています。

行政書士はこの点でのエキスパートであり、専門の仕事でもあるために、申請に必要な書類や記入までほとんどのことをしてくれることでしょう。そしてそうした立場の人が申請をすると、就労ビザ取得がスムーズに行くことが多く、それだけスピーディに物事が進んでいくことでしょう。就労ビザを取得できれば、その外国人は日本の会社で働くことができ、その企業にとっての貴重な人材になります。同時に会社はその人を大切に育てていく必要があります。

タイトルとURLをコピーしました