タクシー求人に応募してわかったこと

以前、タクシーの求人に応募したことがあります。前の仕事は営業をしていたのですが、タクシーへの転職は千葉県の会社がおすすめという記事を見て、給料的に厳しい状態でしたので高給と呼ばれる地元の千葉で大手のタクシー会社に転職しようと思い応募しました。

ただ、検討した結果、何回か面接があり、その途中で転職をすることは辞めました。辞退したり理由はいくつかあります。そこの会社は日勤、夜勤がありました。夜勤の方が稼げるということでしたが、生活が昼夜逆転になってしまうというデメリットがありました。人間、その生活に慣れればなんてことはないのでありましょうが、30年近くそういった生活はしたことがありませんでしたので、そこはかなり不安でした。

また、歩合制といった点も悩んだ点でした。営業時代も基本給と歩合給といったものでしたが、基本給がある程度もらえていました。ただ、そこのタクシー会社は歩合割合が多かったので、良い面とも考えられますが、不安でした。毎月の収入にかなりのばらつきがあると思うと、生活するのに苦労するなと感じました。また、会社からのある程度のノルマもあるとのことでした。面接の時にはあまり詳しく話してもらえませんでした。ノルマを達成しないからといって、減給とはならないとは聞きました。ノルマはどこの会社にいってもある程度はあるものかなと思っていましたので特に抵抗は感じませんでした。

そこの会社は入社が決まったら祝い金の制度がありました。金額は20万円程度だったと思います。いっけん、とても魅力的ですが祝い金の高い会社はそれだけ離職率も高いというイメージでした。あとあと調べてみると、わりとタクシー会社は祝い金制度をやっているところが多いみたいです。その時は20万円は高額だと考えておりましたが、会社によってはもっと高いところもあるようです。
また、タクシー運転手はずっと座っているということで、腰や肩、足を悪くするという情報も聞いていました。シニアの方も多く働いているタクシー業界ですが、人によってはそれが原因で引退されるかたもいるようです。

タクシー求人に応募して、面接に行ってみて実際話を聞いてみることが大切だと思いました。私が応募したタクシー会社の面接のかたはかなり気さくに話してくださいました。

タイトルとURLをコピーしました