ワゴンRを買取りしたときのこと

ワゴンRは、自分が初めて買った車でした。
免許をとってから家にあった軽自動車を乗っていましたご、自分自身で車を持ちたいと思い入れのいろんな車屋さんに行ったりして探して、決めたのがワゴンRでした。
実際乗り心地もよかったし、10年ぐらい乗っていたので、すごく愛着もありました。
しかし、10年程乗っていると、それなりにいろんな箇所も悪くなり、買い替えないといけない時がきました。
車買取は、初めてだったので、ディーラー以外にもどれぐらいで車買取してもらえるのか、まわって見ました。ネットでもワゴンRの買取価格をいろいろと調べました。
参考:https://kuruma-uru.sakura.ne.jp/post-936
2、3箇所車買取会社に聞いてみましが、どこも同じぐらいでした。
それなら、新しく車を買うところがいいのかなと、悩みました。
結局は、ディーラーで車買取をしてもらいました。
実際に車を買取してもらうとなると、愛着もありましたので、複雑な気持ちになりました。
初めての車買取。
こんな気持ちになるんだなと思いました。
長年乗って来た車ですし、自分自身で、初めてローンで買った、人生で一番高い買い物でした。
ワゴンRを買ったのは、乗り心地、広さでえらんだところがありました。
ところが、車買取してもらってもう自分の車ではなくなったときに、本当に寂しい気持ちになりました。
もう乗れないんだな、と。
不思議な感じがしましたが、自分がこんなに車に愛着を持っていたんだと改めて思いました。
確かに、気に入って乗っていたのですが、なんと言うか長年一緒にいたので、悲しかったのです。
人に言うと何言ってるのと思われそうだったので、自分一人で感じていたことです。
誰かに言ったことはありませんでした。
でも、今でも乗り心地がよかったなとか、今は別の車に乗っていますが、次乗り変える時が来たら、ワゴンRにしようと秘かに考えています。
そんなに、車好きと言うわけだもなかったので、自分でも驚いています。
ワゴンを見かけるとすごく懐かしく感じています。
自分自身でも、分からなかったぐらい気に入っていたようです。
ずっと低めの軽自動車を乗っていたときは、高さになれるかなと不安でしたが、ワゴンRを車買取して、新しい軽自動車に乗ったときには、見た目の違いになかなか馴れませんでした。
馴れるとそれが一番だったのだとすごく感じました。

タイトルとURLをコピーしました